価格で選ぶ

名刺作成業者を選ぶポイントは3つ。価格、品質、納期です。各業者の特徴をこの3つの視点で比較することで、自分が求める名刺作成業者が見つかります。

ドルマークまず1つ目は価格。リーズナブルに名刺が作成できるかどうか、は重要です。安い業者であれば、100枚の名刺を500円以下で作成してくれます。安いところでは、片面モノクロ100枚で140円というところも! けれど、安ければよい、というものではありません。低価格の名刺は、印刷が黒一色だったり、印刷の紙が選べなかったり、制約が多いもの。うっかり名刺を切らしてしまった、ビジネス用にとりあえず名前と連絡先だけのものがほしい、という場合であればよいのですが、自分をアピールするための名刺であれば、使えません。

多くの名刺作成業者は、紙質や印刷の面数、色数を変更すると、価格がどのくらい変わるか、を表示しています。同じ条件で、どのくらいの違いがでるのか、その理由はなにかも含めて比較検討しましょう。デザインや印刷する紙質にこだわることは、名刺の印象をアップさせるポイント。品質とのバランスを考え、コストパフォーマンスの高い名刺作成業者を選びましょう。

また、送料やオプション料金もチェックしましょう。基本料金が安くても、ベタ塗りが多かったり、連絡先の項目をプラスしたりすると、別途料金が発生することがあります。また、送料が別になっている場合は、配送地域によって価格が変わるので、総額で確認することが大切です。

名刺作成業者の選び方

自分をアピールする小さなツールが名刺。ビジネス用はもちろん、プライベート用にも作成する人が多くなってきました。ニックネームや雅号を使った趣味用のものや、親子の名前を記載してママ友と交換する「おやこ名刺」など、配布相手を限定する名刺も増えてきています。

女性とパソコン多くの名刺を作成する際は、自分で作る場合と、名刺作成業者に依頼する場合があります。自分で作る場合は、名刺用紙を購入し、自分でワードなどを活用してデザインを作成、プリンターで印刷します。販売されている名刺用紙の種類も増えてきていて、和紙や半透明のフィルムカードなどにも印刷できるようになったため、デザインの自由度だけでなく、渡したときにちょっとしたサプライズも期待できる、個性的な名刺の作成も可能です。

ただ、デザインやフォントの選び方は素人にはちょっと難しいもの。画面で見たときいいな、と思って選んだデザインテンプレートも、実際に自分が必要な情報を入れてみると、窮屈になってしまったり、パソコンに入っているフォントではバランスがおかしかったり、してしまいがちです。せっかく印刷したのに、配りたくなくなるような出来上がりになっては本末転倒。そんな時に活用したいのが名刺作成業者です。ネットで簡単に注文できる、通販型の名刺作成業者がたくさんあります。「名刺 業者」に、「かっこいい」や「紙質が豊富」などの自分が思うキーワードを追加すれば、特徴のある名刺作成業者も見つかります。

このサイトでは、名刺作成業者を選ぶポイントをご紹介します。