納期も必ずチェック!

どんなにステキな名刺ができても、必要なときに間に合わなくては、意味がありません。名刺作成業者によっては、納期の設定がさまざまなので、必ず事前に確認しておきましょう。一般的には、特殊な加工をする名刺であるほど、納期は長くかかります。また、安く作成するために、1週間~10日ほどかかることも。納期が長くなれば、価格が安くなる、という業者もあります。

名刺最近では、スピード作成に対応している名刺作成業者も多くなりました。「最短翌日発送」というサービスも、多くの業者で設定しています。近隣に店舗がある業者であれば、「午前中までの注文で当日店頭受け取り可能」という設定のところも。店舗に出向けるのであれば、既存の名刺からスキャンして名刺を印刷してくれる、というサービスもあります。出張先で名刺がきれてしまった、という場合は便利ですね。すぐに必要な名刺なら、品質を妥協せずに、一番早く手元に届くことを重視して選ぶのも1つの方法です。

高そうなイメージがある名刺作成業者での名刺作成ですが、実は、自分で紙を購入してプリンターで印刷しても、紙代やインク代などを考えると、それほど価格は変わりません。けれど、自分で作るよりずっと高品質な名刺ができるのが名刺作成業者で作成した名刺。自分をアピールしてくれる重要なツールだからこそ、重視するポイントをしっかり考えて、早く、手頃な価格で、質の高い名刺を手にいれて下さい。

推奨サイト>>>デザイン名刺.net
└デザイン名刺.netの納期について詳しく説明しているページです。

 

名刺印刷の方法の解説

以前は、名刺といえば活版が主流でありました。職人が活字を組んでインクで印刷します。用紙の厚さと文字の力強さが特徴であり、こだわる人にはお勧めです。大量なら、オフセット印刷できます。カラー印刷もできるし、スピードも速く大量の印刷に向いています。少量の場合はコスト的に困難です。オンデマンド印刷は、高品質なレーザープリンタです。出来上がりが早いのが特徴で、小部数短納期に向いています。最近ではレーザープリンタで名刺を社内で作成(内製)する企業も増えています。インクジェットでの名刺作成は最近急激に増えています。最近のインクジェットプリンタは名刺サイズもできるようなり、品質も良いため個人ユーザーなど大量印刷でない場合は最適です。欠点は用紙を選ぶことで、にじみの少ない用紙を使うことが重要です。熱転写プリンタは、主に名刺(ハガキ)印刷専用機として販売されています。個人的には価格的に難しいかもしません。文字は一色印刷に向いています。文字のエッジも鋭く、力強さを求める名刺印刷にお勧めです。

 

名刺印刷を格安で行う

私は時折仕事で名刺作成の仕事をしています。デザイン専用のアプリケーションを使用し、お客様の希望するデザインを起こします。完成後にインターネット上から名刺印刷専門店へデータを入稿します。最近、名刺印刷は大変格安になりました。私が毎回印刷していただくお店も、これ以上はないというくらい格安に印刷してくださいます。安いからといって、出来上がりの品質が悪いわけではなく、むしろ、素晴らしい出来に感心させられます。名刺の紙は上質で、インクの乗りも申し分ありません。しかも提示される金額にケース代金、送料も含まれています。かなり信頼出来て、頼りになります。インターネットの検索で、格安名刺と入力して探せばいくらでも検索結果に表れて来ます。皆さんも是非一度試してみてください。安くて便利ですよ。今後ますます印刷業界はサービスを向上させて来ることと考えられます。私はそんな印刷業界に期待をしています。目が話せない業界の一つです。