納期も必ずチェック!

どんなにステキな名刺ができても、必要なときに間に合わなくては、意味がありません。名刺作成業者によっては、納期の設定がさまざまなので、必ず事前に確認しておきましょう。一般的には、特殊な加工をする名刺であるほど、納期は長くかかります。また、安く作成するために、1週間~10日ほどかかることも。納期が長くなれば、価格が安くなる、という業者もあります。

名刺最近では、スピード作成に対応している名刺作成業者も多くなりました。「最短翌日発送」というサービスも、多くの業者で設定しています。近隣に店舗がある業者であれば、「午前中までの注文で当日店頭受け取り可能」という設定のところも。店舗に出向けるのであれば、既存の名刺からスキャンして名刺を印刷してくれる、というサービスもあります。出張先で名刺がきれてしまった、という場合は便利ですね。すぐに必要な名刺なら、品質を妥協せずに、一番早く手元に届くことを重視して選ぶのも1つの方法です。

高そうなイメージがある名刺作成業者での名刺作成ですが、実は、自分で紙を購入してプリンターで印刷しても、紙代やインク代などを考えると、それほど価格は変わりません。けれど、自分で作るよりずっと高品質な名刺ができるのが名刺作成業者で作成した名刺。自分をアピールしてくれる重要なツールだからこそ、重視するポイントをしっかり考えて、早く、手頃な価格で、質の高い名刺を手にいれて下さい。

推奨サイト>>>デザイン名刺.net
└デザイン名刺.netの納期について詳しく説明しているページです。

デザインと紙質も重要

多くの名刺作成業者は、印刷する名刺のデザインテンプレートを準備しています。その数が多ければ、自分のイメージにあったデザインが見つかりやすくなります。また、かわいいデザインや、かっこいいデザイン、など、得意としているデザインタッチもあります。プライベート名刺の場合は、やわらかいデザインや華やかな色のデザインが豊富な業者であれば、自分のイメージにあわせて名刺が作れますね。

沢山の名刺紙質がどのくらい豊富なのか、も重要です。名刺は手で触れて使うもの。自分が思っているより、手触りは相手に深い印象を残します。白い紙と言っても、生成りがかった白や、透明感のある白など、白の色合いもさまざま。紙の厚みも名刺の印象に関わります。同じデザインでも紙が変われば違う名刺のように見えることもあります。いろいろな紙を見ながら、イメージを膨らませてみましょう。見ただけではよくわからない、というときは、紙のサンプルを送ってくれる業者もありますので、利用してみましょう。

オプションとして、名刺の角を丸くカットしてくれる角丸加工や、金銀の箔をロゴマークに形などに抜いて名刺に押してくれる箔押し加工などをやっているところもあります。名刺の格をアップさせるポイントにもなるので確認しておきましょう。