価格で選ぶ

名刺作成業者を選ぶポイントは3つ。価格、品質、納期です。各業者の特徴をこの3つの視点で比較することで、自分が求める名刺作成業者が見つかります。

ドルマークまず1つ目は価格。リーズナブルに名刺が作成できるかどうか、は重要です。安い業者であれば、100枚の名刺を500円以下で作成してくれます。安いところでは、片面モノクロ100枚で140円というところも! けれど、安ければよい、というものではありません。低価格の名刺は、印刷が黒一色だったり、印刷の紙が選べなかったり、制約が多いもの。うっかり名刺を切らしてしまった、ビジネス用にとりあえず名前と連絡先だけのものがほしい、という場合であればよいのですが、自分をアピールするための名刺であれば、使えません。

多くの名刺作成業者は、紙質や印刷の面数、色数を変更すると、価格がどのくらい変わるか、を表示しています。同じ条件で、どのくらいの違いがでるのか、その理由はなにかも含めて比較検討しましょう。デザインや印刷する紙質にこだわることは、名刺の印象をアップさせるポイント。品質とのバランスを考え、コストパフォーマンスの高い名刺作成業者を選びましょう。

また、送料やオプション料金もチェックしましょう。基本料金が安くても、ベタ塗りが多かったり、連絡先の項目をプラスしたりすると、別途料金が発生することがあります。また、送料が別になっている場合は、配送地域によって価格が変わるので、総額で確認することが大切です。

 

名刺印刷は用途に応じて使い分け

ビジネスで必要な名刺印刷をする場合、大量に発注すれば安く済みますが、それほど必要ないという場合には、自分で印刷する方法もあります。最近は名刺作成ソフトも無料でありますし、名刺用の用紙もたくさん発売されています。少量でよければそれを活用すればいいのです。私の場合も自分で印刷します。必要と思った時に印刷し持っていきます。

また、肩書きに変化があったときなどすぐに対応できるので便利です。しかし自分のプリンタではやはり精度が悪いなという場合は小ロットで印刷してくれるネット上の印刷会社を探してみましょう。100部くらいから印刷をしてくれるので安心です。納期がかかりますが、時間をかければもっと安く済ませることができます。何よりもプロの印刷機ですので、仕上がりが違います。取引先に対して安心感を与えることにもつながるでしょう。いずれにせよ、時と場合によって自分の都合によって印刷方法を選択していくことが重要です。これはビジネスにもつながることです。

 

会社用の名刺がなくなり、新しく作成

私の会社用の名刺がそろそろなくなってきたので新しい名刺を作りたいと思いネットで調べていると、名刺作成と検索を書けるだけで結構な検索結果が出てきました。私は何処の名刺がいいとか、悪いとかそんなことは分からないので検索結果の上のほうに出てきている業者を選びました。会社ようなのでそんなには出じゃなくていいと思い片面で白黒で会社名と私の名前とその他いろいろなことを書くにしても白黒で十分の判断しました。

そこで料金を見てみるとなんと300円で100枚作ってくれるらしいです。100枚あればなかなかなくなりません。しかも300円とかなりリーズナブルです。私はそのサイトで作ることにしました。ほかにもカラーで作る場合の料金も書いてありましたが、そんなに高くはない値段でした。支払い方法は現金振り込みにしました。代引きにしてしまうと名刺と同じ料金だけ手数料が発生してしまうので損した気分になってしまいます。名刺の出来は想像通りで嬉しかったです。