名刺作成業者の選び方

自分をアピールする小さなツールが名刺。ビジネス用はもちろん、プライベート用にも作成する人が多くなってきました。ニックネームや雅号を使った趣味用のものや、親子の名前を記載してママ友と交換する「おやこ名刺」など、配布相手を限定する名刺も増えてきています。

女性とパソコン多くの名刺を作成する際は、自分で作る場合と、名刺作成業者に依頼する場合があります。自分で作る場合は、名刺用紙を購入し、自分でワードなどを活用してデザインを作成、プリンターで印刷します。販売されている名刺用紙の種類も増えてきていて、和紙や半透明のフィルムカードなどにも印刷できるようになったため、デザインの自由度だけでなく、渡したときにちょっとしたサプライズも期待できる、個性的な名刺の作成も可能です。

ただ、デザインやフォントの選び方は素人にはちょっと難しいもの。画面で見たときいいな、と思って選んだデザインテンプレートも、実際に自分が必要な情報を入れてみると、窮屈になってしまったり、パソコンに入っているフォントではバランスがおかしかったり、してしまいがちです。せっかく印刷したのに、配りたくなくなるような出来上がりになっては本末転倒。そんな時に活用したいのが名刺作成業者です。ネットで簡単に注文できる、通販型の名刺作成業者がたくさんあります。「名刺 業者」に、「かっこいい」や「紙質が豊富」などの自分が思うキーワードを追加すれば、特徴のある名刺作成業者も見つかります。

このサイトでは、名刺作成業者を選ぶポイントをご紹介します。

 

自分で名刺を作ってみたけど

私は病気をしてしまってから、サラリーマンとして仕事をすることがあまりできない状態となってしまったので、今はサラリーマンとしてではなく、フリーで記事作成などをしているフリーライターの様なことをしているんです。家仕事をしているのでとても気楽にできるのですが、ただ仕事の関係で人と会うことも多くなってきているので最近さすがに名刺は必要かなと思って名刺をつくることになったのですが、できることならとても安く作りたいと思って自分でできるようになっている紙を購入をして作っても見ました。

自分で簡単に作ることができる名刺なのですが、確かにとても安く名刺を作ることができるのでいいのですが、ただ紙質の問題もあってちょっとあまりいい感じではない名刺になってしまったんです。さすがにこの名刺ではちょっと偽物のような感じになってしまったので使えないなと思って、結局名刺を作ってくれる会社にお願いをして名刺を作成してもらったんです。やっぱり名刺は作ってもらうのが一番しっかりとしていていいなと思いました。

 

十分な名刺を用意しておく

ビジネスの場面では自己紹介のためには、名刺は不可欠なアイテムです。 とくに営業職の場合、新規の顧客の開拓という役割もあります。 それだけに、名刺交換は頻繁に繰り返されるものです。 それだけに常に十分な枚数の名刺を準備しておき、不足するような事態を避けるようにしておきたいものです。 せっかく交換する名刺ですから、印象に残りやすく、しかも連絡手段を複数明記しているような、わかりやすい名刺を作成したいものです。

名刺がないと、とくに営業職は仕事になりません。 枚数が減少しだしたら、すみやかに発注するようにしたいものです。 インターネットのサイトにも名刺作成をしてくれるところがあります。 速やかに印刷して届けてくれるので、とても便利なものです。 会社の名刺の版下を残しておくことができるので、繰り返し注文をすることができます。 枚数に応じて割引があったりもしますので、会社で必要な名刺をまとめて注文するとより安価に抑えることができることでしょう。