デザインと紙質も重要

多くの名刺作成業者は、印刷する名刺のデザインテンプレートを準備しています。その数が多ければ、自分のイメージにあったデザインが見つかりやすくなります。また、かわいいデザインや、かっこいいデザイン、など、得意としているデザインタッチもあります。プライベート名刺の場合は、やわらかいデザインや華やかな色のデザインが豊富な業者であれば、自分のイメージにあわせて名刺が作れますね。

沢山の名刺紙質がどのくらい豊富なのか、も重要です。名刺は手で触れて使うもの。自分が思っているより、手触りは相手に深い印象を残します。白い紙と言っても、生成りがかった白や、透明感のある白など、白の色合いもさまざま。紙の厚みも名刺の印象に関わります。同じデザインでも紙が変われば違う名刺のように見えることもあります。いろいろな紙を見ながら、イメージを膨らませてみましょう。見ただけではよくわからない、というときは、紙のサンプルを送ってくれる業者もありますので、利用してみましょう。

オプションとして、名刺の角を丸くカットしてくれる角丸加工や、金銀の箔をロゴマークに形などに抜いて名刺に押してくれる箔押し加工などをやっているところもあります。名刺の格をアップさせるポイントにもなるので確認しておきましょう。